腸内環境の改善の為には無理に食べない方が良い

腸内環境の改善の為には無理に食べない方が良い

以前に私は、突然お腹が痛くなって大変な思いをした事があります。
確かあれは、今から3年くらい前でしょうか。夜寝ていた時に、突然お腹が痛くなったのです。その理由なのですが、恐らく冷えが原因ですね。

 

ちょっとお腹を冷やし過ぎてしまったので、腸内で生息している善玉菌が不活発になってしまったのだと察します。あまりにもお腹が痛くて目が覚めてしまったので、今なお強烈に覚えています。

 

お腹が痛くなる原因を内科医に質問した私

 

ところでお腹が痛くなった当日に、私はある内科医に行きました。そして薬などが処方されたのですが、私はその時に食事はどうすれば良いか質問した事があります。もしかすると私が食べている食事に、お腹が痛くなっている原因があったのではないかと推理したからです。

 

すると、その内科医の方からちょっと意外な答えが返ってきました。無理に食べない方が良いという話です

 

我慢の限界まで食べない方が腸内環境には良いというアドバイス

 

と言うのもお腹は、あまり食事を与えない方が良い一面があるそうなのです。むしろしばらくの間は、何も食べずに我慢をする方が良いようですね。

 

そうは言ってもある程度何も食べないでいると、いつかはお腹が限界を迎えてしまうでしょう。その「これ以上はどうしても我慢できない」というタイミングで食事をする方が、お腹に良いとアドバイスされました

 

参照先
もう悩まない!乳酸菌で花粉症と決別!

 

つまり腸内環境を良くする為には、無理して食べる必要は無いのですね。お腹が痛くて食べるのが辛いのであれば、むしろ食べない方が腸内環境の改善も見込めるという訳です

 

内科の医師の方がそのようにおっしゃっている位ですから、やはりそれは本当なのでしょう。逆にお腹の痛みが改善された後は、食べても問題は無いようです。