乳酸菌を摂取して色々な好転反応が

乳酸菌を摂取して色々な好転反応が

私たちの体は、状況によっては改善してくれる場合があります。ただその改善に伴って、ちょっと体のネガティブな症状が発生する事もあるのです。
乳酸菌もその1つです。それは身体にとってはとても良い物質なのですが、ネガティブな反応が発生する場合があります。

 

乳酸菌を摂取する事で発生する色々な症状

 

例えばちょっと眠気を催してしまうような時ですね。何をするにしても眠くて仕方が無くなってしまうのです。ちなみにそれは乳酸菌を摂取すると、発生します
なぜそのような事が起きるかと言うと、睡眠薬と言われています。人によっては日常的にその薬を服用しているのですが、乳酸菌を摂取する前にその薬を飲んでいると、眠くて仕方がなくなることがあるのだそうです。
また体にしびれが発生してしまう事もあります。それも上記の薬とちょっと関係してくるのですが、人によっては多くの薬を飲み過ぎてしまっている事があるのですね。ところが乳酸菌を摂取すると、その薬の影響でしびれが発生する事もあるようです
そうかと思えばあくびが止まらなくなってしまったり、頭が少々重くなってしまったという事例もあります

 

乳酸菌の精神による一時的な好転反応

 

それを考慮すると乳酸菌というのは、身体に対してはあまり良くない物のように思われるかもしれません。しかし実際はそうではなく、上記の症状は実は良くなってきている証拠なのです。
上記のような症状が発生するのは、ほんの一時的です。しばらく時期が経過すると、そのような症状は治ってしまう事が多いですね。つまり「好転反応」が発生している訳です。
ですので乳酸菌は、飲み始めの時期は少々大変かもしれません。しかしある程度時期が経過すれば逆に体は改善されますので、一時的に我慢する必要があるかもしれませんね